ナノポーラス金属の環境感知機能開拓

袴田 昌高
(京都大学大学院 エネルギー科学研究科 エネルギー応用科学専攻 准教授)

2017年11月8日水曜日

京大テックフォーラムで講演します

数年ぶりの更新で恐縮ですが、宣伝をさせてください。

京大テックフォーラム(12月14日(木)、京都アカデミアフォーラムin丸の内)で、研究題材の「ナノポーラス金属」を紹介する講演をします。詳細は以下URLからご参照願います。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/events_news/department/sankangaku/events/2017/171214_1545.html

https://www.saci.kyoto-u.ac.jp/?p=6124

改めて、ナノポーラス金属の電子顕微鏡像です。顕微鏡でピントを合わせていき、この像が見えるといつもうれしくなります。

また、遅い報告ですが、助成を元手に研究した成果は、以下の学術論文として発表することができました。

  • Masataka Hakamada, Naoki Kato, Naoki Miyazawa and Mamoru Mabuchi,Water-adsorption effect on electrical resistivity of nanoporous gold, Scripta Materialia 123, 30–33, 2016. (doi: 10.1016/j.scriptamat.2016.05.041)
  • Masataka Hakamada, Naoki Kato and Mamoru Mabuchi, Electrical resistivity of nanoporous gold modified with thiol self-assembled monolayers, Applied Surface Science 387, 1088–1092, 2016. (doi: 10.1016/j.apsusc.2016.07.059)

どちらも、金属表面にモノ(水分子、有機分子)がくっつくと電気抵抗が変わるという研究結果です。「表面だらけ」のナノポーラス金属を用いることで、電気抵抗の変化を検出できました。

ただ、「なんで電気抵抗が変わるの?」という部分は正直、あまり掘り下げていません。まだまだ分からないことも多いです。

改めまして、財団のご支援に御礼を申し上げます。ありがとうございました。今後も研究にまい進します。


0 件のコメント:

コメントを投稿