ナノポーラス金属の環境感知機能開拓

袴田 昌高
(京都大学大学院 エネルギー科学研究科 エネルギー応用科学専攻 准教授)

2013年4月27日土曜日

贈呈式・授賞式・祝宴

袴田昌高と申します。ナノポーラス金属という、目の細かいスポンジのような金属を作ったり測ったり壊したりして研究しています。

このたび国際科学技術財団様から助成をいただき、感謝しております。いただいた助成を元手としてよい成果を挙げられるよう、がんばりたいと存じます。

23日の助成説明や贈呈式のプログラムは半日かけて「懇談会」「懇親会」のオンパレードで、参加前は「何をそんなに懇談するのだろう」と思っていました。が、採択者同士で交流をしたり、選考委員の先生がたとお話をしたり、日本国際賞を受賞される高名な先生がたと先輩若手研究者とのディスカッションを聴くことができたりと、かなり充実していました。受賞される先生方のコメントに奥方様への感謝の気持ちがさらっと表されていることが印象的でした。

24日の授賞式と祝宴では、非日常の体験をすることができました。天皇陛下のご臨席、琴4重奏(正しい表現かわかりませんが)やオーケストラの静謐な演奏、船一艘丸ごと入りそうな大きな祝宴会場、給仕の方々のバレエのようななめらかな動き、豪華なコース料理。夢のようでした。

演習講義のために25日早朝には京都に戻らなければならず、またこの週末にかけて文書仕事がたくさんあるので、急に現実に引き戻された感がありました。「日常あっての非日常」と肝に銘じ、励みにします。

今後もこのブログでの活動報告などを通じ、交流などできればと存じます。よろしくお願い申し上げます。

3 件のコメント:

  1. 袴田先生
    写真の掲載にオーケーをいただき、ありがとうございました。
    記事としてアップいたしましたので、よろしければご覧ください。

    返信削除
  2. 中原(ジャパンプライズ)です。日常あっての非日常。。。なかなかの名言ですね。研究助成金の獲得おめでとうございます。このブログにも、積極的に参加してください。同期の皆さん達と、せっかく知り合いになったわけですから、そのような人の輪は大切にしてください。京都大学には、ブログややさしい科学技術セミナーなどで大変活発に活動されている先輩方がたくさんいらっしゃいますので、そういう人たちとの交流からも、いろいろとまなぶ事が多いのではないか?と思います。

    我々の事務所は赤坂・六本木の非常に便利な場所にあります。お近くに来られた際には、是非顔を出してください。
    小倉と歓待します。

    返信削除
    返信
    1. 袴田昌高(京大)2013年5月1日 15:50

      コメントをありがとうございます。助成金だけでなく、ブログも有効活用させていただきます。研究ばかりしていても交流の機会にはあまり恵まれませんので。

      削除